長年の腰痛は、足首を整えよう!

腰痛の治療を受けて、ある程度は良くなったけど…、まだ痛いんだよね…。

厚木腰痛肩こり整体研究所には、長年の腰痛に悩まされている方が多くいらっしゃいます。

その中でも、特に多い慢性の腰痛

ギックリ腰をきっかけに、万年の腰痛に悩まされている方は少なくありません。

また、ある程度までは良くなったけど、完全には回復してはいないため、何度も再発を繰り返すケースが本当に多く見受けられます。

では、どうしたら腰痛を克服できるのでしょうか?

このページは、当整体の視点で『腰痛』改善の方法をご紹介します。

腰痛克服のポイントは、足首にあり!

特に、長年の腰痛に悩まされている方は、この足首に注目していきましょう。

足首は、立っている姿勢では地面と直に接する部分になります。

 足首の歪み

建物でいうところの土台の部分ですね。

その土台がちょっとでも傾いてしまうと…、

上の写真のように、上体は大きく傾いてしまいます。

そして、足首の歪みが、カラダ全体の歪みを招き、それを腰でカバー(補正)することになる。

お解りになるでしょうか?

仮に、この状態が慢性化してしまうと、長年に渡って腰痛を抱えることになるのです。

腰痛の治療をしていても、一向によくならない方は、この足首の問題を考えていきましょう。

足首と整体

当整体を受けられた方の中に、足首の調整をして腰痛が楽になった方いらっしゃいます。

傾向としては、過去に捻挫の経験がある方、扁平足や外反母趾のある方が、足首の歪みを抱えているように感じます

自分自身でも気づかないような、軽い捻挫であっても、足首の歪みを生み出しているケースも多々あります。

足首に整体をすると、足関節の機能が戻ってきます。

足の正しい動きが戻ってくると、歪みを腰でカバー(補正)する必要がなくなり、腰痛が楽になるのです。

足首の自己ケア法!

足首の整体を受けなくても、自分自身でケアすることも可能です。

やり方は簡単です。

『ふくらはぎのストレッチ』と『足首回し体操』です。

まずは、ふくらはぎのストレッチから説明しますね。

ふくらはぎのストレッチ

壁に手を当て、片方の足を後ろに引きます。後ろ足のかかとはしっかり地面に着けます。このポーズが、スタートポジションです。

ここから、前足の膝を曲げて、両手に体重を掛けていきます。あくまでストレッチなので、全身の力を抜いて行っていきましょう。

すると、どうでしょう。

後ろ足のふくらはぎが伸びてくる感じがしませんか?

このポーズが、ふくらはぎのストレッチです。

次に、足首回し体操です。

足首回し体操①

①⬆両足をまっすぐ伸ばし、つま先を引き上げましょう。

IMG_0172

②⬆つま先を引き上げたまま、それぞれつま先を外に開きます。

IMG_0173

③⬆そして、つま先を前に伸ばす。

という一連の動作をゆっくり行ってみてください。円を描くように、大きくゆっくり動かします。
特に、動きにくいところを優しく丁寧に動かしていくと効果的です。

この2つのケアをやっていくと、足首自体の柔らかさと、バランスが整ってくるでしょう。
※実践する場合は、自己責任で無理をせずに行ってくださいね。

まとめ

腰痛の原因は、ほんとうに様々です。整体施術をしていると、こんなところが影響していたのか!といつも驚かされています。

『足首と整体』ということでお伝えさせていただきましたが、足首の原因以外にもたくさんの要因があります。その要因が2箇所3箇所と同時に起きているケースもあったりします。

軽い腰痛だからと、あまく考えるのではなく、しっかり専門家にみてもらいましょう。

歪みをこじらせてしまうと、後々苦しい思いをするだけですよ。

 

足首が原因だった腰痛整体後の感想も参考にしてみてください。
➡腰痛整体の施術後の感想

それでは、次回もブログを楽しみにしていてくださいね☆

 

こんな記事を書いてください!などのご要望がありました、お気軽に問い合わせください。出来得る限りお答えさせていただきます。

 

➡厚木腰痛肩こり整体研究所

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。

投稿者:橋元邦幸 / 投稿日:2017年2月10日