自己ケアを効果的にする方法!

先日、痛みや不調は、日頃の生活スタイルに原因がある!とお伝えしました。

痛みや不調が出ているということは、痛みや不調を生み出す生活をしている!といっても過言ではありません。
認めたくないですが、事実そうなんですね…。ちなみにここでいう痛みとは、慢性の痛みのことです。(急性の痛みは別です)

僕自身も、疲労が溜まってくると痛みや不調を感じます。その時は、4つの疲労を見直して、どれが1番の原因になっているのかをチェックします。そして、その時の原因に合わせてケアの仕方を選定していくのです。
3日前と同じ痛みであっても、ケアの仕方が変わることもあります。その時の生活スタイルをよく観察していなければ、効果的な日常ケアにはならないのですね。

健康管理に生活日記を提唱しているペインクリニックのドクターがいるのは、こういったことからなんですよね。今の痛みは何が原因になっているのか?それをどうすると良くなるのか?

ただやみくもにケアを行っても効果的ではありません。
はじめは、コツコツ健康日記をつけてみてください。そうすると、なんとなくその原因がみえてくるはずです。なんとなく原因が分かってきたら、ケア法を選定して実践します。その時に、痛みが軽くなるのかどうかを確認します。少しでも軽くなるのであればOKです。そして、さらにプラスのケアを行い、痛みはどうか?という流れで痛みをどんどん楽にしていくのです。

これが自己ケアを効果的にするひとつの方法です。
何度も続けていくと、だいたいのパターンが分かってきて、痛みや不調がでても不安にかられる心配がなくなります。そうすればしめたものですよね

是非、実践してみてください☆

次回は、なかなか解消できない精神疲労(ストレス)からくる不調を、効果的にケアする方法をお伝えします。

PS,これはとても効果があります。僕は、何度もこの方法に助けられています(笑)  お楽しみに〜

 

提供 厚木腰痛肩こり整体研究所

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。

投稿者:橋元邦幸 / 投稿日:2014年11月23日