マッサージなどのリラクゼーションで思わぬ被害が拡大!?

NHKオンラインで2月10日(水)放送された番組。

スクリーンショット 2016-02-14 7.51.54

市場規模1兆円と言われているマッサージやリラクゼーション業界。実は、健康被害が相次いでいるそうです。国民生活センターへの相談はこの9年間で9000件以上、特に、脊髄損傷や肋骨骨折といった重篤なケースが増えているようです。
リラクゼーションのブームもあって、簡単に資格が取れてしまうのも影響しているだとか‥。

この事実から、整体業界もしっかり考えなければなりません。

なぜ、そのようなことが起こってしまうのか。
どのようにすれば、このような手技による被害から身を守ることが出来るのか。

真剣に向き合わなければなりません。

解決策を考えていこう!

まず、施術者側の問題として、「検査」をしっかり行うことではないでしょうか。このような問題が起こるということは、ここを曖昧にして施術していることに他なりません。充分な検査を行えば、9割の被害を防ぐことが出来ると思います

検査もなく、いきなり施術に入るようなやり方には、気をつけた方が良いでしょう。

本来の整体施術は、検査に充分な時間を使うものです。調整をする箇所を見つけ、的確に刺激を加え、綺麗に回復を促するためです。ですから、怪我をするほどの過剰な刺激を加えることは基本的に有りえないことなのです。

上記の問題は、ほぼここに集約されるのではないでしょうか。

また、施術を受ける側としては、そこのお店のコンセプトや施術者の経歴などを知っておく必要があります。どんな考えで施術を行っているのか、そこの施術者は、どのような資格をもっていて、どのような実績があるのか。口コミや紹介なども見ておくと良いでしょう。(→正しい整体院・治療院の選び方はこちらの記事も参考にしてみてください。

今のリラクゼーション業界の技術は、安くて短期間に身に付けることができるようになってきました。
ここ数年で、技術の格差はどんどん広がっています。

被害の拡大を防ぐことも大切ですが、ご自身で自分を守っていく責任もしっかり認識していかなければなりません。

今一度、ご自分のリラクゼーションや整体の考え方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

〜厚木腰痛肩こり整体研究所〜
神奈川県厚木市上荻野255−8
厚木整体テクニックを開発するまでの10年間
感謝の気持ちを込めた『恩返し整体』
24,000件の臨床実績は当整体の誇りです

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。