病院と整体が一体となる医療

 スクリーンショット 2015-06-19 21.52.15

「病院と整体が一体となる医療になるといいですね」

医療関係に勤めているIさんと話したことです。

Iさんは、朝起きた時の腰の激痛で来院しました。その日のうちに、整形外科の先生に診てもらったところ「もう歳ですね…、無茶しちゃダメですよ!」と言われ、湿布と痛み止めの薬を処方されました。

レントゲンの診断だけで、とくに治療することもなく、このお決まりの病院の対応に、Iさんは納得できなかったそうです。

そして、以前から噂で知っていた当院に来院してきました。

Iさんの腰の痛みは、5回ほどで完治しましたが、十数年勤めている医療系の会社に不安を抱いてしまったそうです。理想の医療を求めて仕事をしていたけど、その病院の対応に心を痛めた…、と同時に、医療分野の役割を明確にできたそうです。

そして、先日…

病院と整体を繋げる仕事がしたい!

その仕事への熱き想いを聞かせていただきました。とても素晴らしい内容です。

現在の病院の強みと整体の強みを活かした総合医療の実現!

これは、国をも動かす内容です。国を相手にした取り組みは、とても大変なこと…、でも、自分のこの体験をもとに、同じ痛みで悩んでいる人の役に立つことが出来れば!という Iさんの想いに感動してしまいました。

確かに、このプロジェクトが実現できれば、本当に素晴らしい発展になる!多くの痛みで苦しんでいる人たちの救いになる!と確信できる内容です。

プロフェッショナルとは、こういう在り方のことでしょうか。

このような活動が認められる社会になって欲しいな〜

当整体研究所に来られる方は、なぜこんなにも熱い方が多いのでしょうか!?クライアントさんに恵まれていることに本当に感謝です!

お互い素晴らしい仕事をこれからもやっていきましょう!

 

〜心の中に限界を設けない限り、人生に限界なんか存在しない〜

             by ナポレオン・ヒル

 

ありがとう!いつも感謝です!

 

〜厚木腰痛肩こり整体研究所〜
神奈川県厚木市上荻野255−8
厚木整体テクニックを開発するまでの10年間
感謝の気持ちを込めた『恩返し整体』
24,000件の臨床実績は当整体の誇りです

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。

投稿者:橋元邦幸 / 投稿日:2015年6月19日