整体師は疲れないのか!?

image

「先生は、毎日疲れないのですか?」

「患者さんを施術していて、身体が辛い時はないのですか?」

「先生!ちゃんと休んでくださいよー! 先生が倒れてしまうと、僕が困ってしまうので!(笑)」

ありがたいことに、僕のカラダを心配してくれる方がいらっしゃいます。気にかけてくれる内容では、「施術をしていて疲れないのか?」という心配の声がとても多いです。

正直に話すと、やはりしんどい時はあります。特に、「氣」を使う施術をすると疲労感があります。

しかし、「健康」のプロとしては、これではダメだと思っています。

当整体研究所にもたまに来られるのですが、整体師がぎっくり腰をして来院…、ビックリするかもしれませんが、健康に関わる整体師なのに自分がその痛みで来院するのです。これでは健康のプロとしてはダメですよね…

慢性の痛みの9割は、日常生活にあります。

 つまり、今現在、痛みや何かしらの不調を感じている方は、痛みや不調を生み出すような生活をしているということですね。

 日常ケアの自己管理。

これを怠ると、施術中の疲れや不調を感じることになります。ですから、僕自身は自己ケアを日頃から徹底しています。最高の仕事が出来るように、自己管理に最善を尽くしています。

とは言っても、自己管理ってなかなか大変なんですよねぇ。特に、それほど辛い痛みや不調がない場合の自己ケアはなかなか実行しません。(笑)

正直、めんどくさいとさえ思ってしまいます。

しかし、ある方法を身につけてから、簡単に実行できるようになりました。そして、自己ケアの効果も何倍にも増して上がりました。この方法は、別の記事でアップするので楽しみにしていてください。

話を戻します(笑)

↓↓↓

「先生は、毎日疲れないのですか?」

「患者さんを施術していて、身体が辛い時はないのですか?」

「先生!ちゃんと休んでくださいよー! 先生が倒れてしまうと、僕が困ってしまうので!(笑)」

↑↑↑

この答えは、

No problem!(問題ないよ!)

お互い最高の日々を送れるよう、楽しく自己ケアに努めていきましょ!

 

Presented by 厚木腰痛肩こり整体研究所

 

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。

投稿者:橋元邦幸 / 投稿日:2014年11月17日