カイロプラクティック治療と整形外科治療との比較研究

image

有名なK大学から封書が届きました。

内容は、
「カイロプラクティック治療と整形外科治療との間の疼痛及び機能改善度比較研究のための事前調査協力カイロプラクター募集」
というタイトルです。

K大学の医学部といえば、日本でトップクラスの『先進医学』を提唱している大学。

また、僕の友人であるSくんが通っている医学部です。(最近会わないけど元気かな〜)

さて、そのK大学から『カイロプラクティックと整形外科の治療比較』をするという協力依頼です。
アメリカではカイロプラクティックは、医療として認められています。カイロプラクティックドクターという称号があり、メディカルドクターと同等な資格が認められています。
日本では、まだカイロプラクティックは認定されておらず(日本では民間療法という位置づけ)、さまざまなカイロプラクティック団体が行政に働きかけています。僕が通っていたカイロプラクティックの学校も、当時は盛んに働きかけていました。(ちなみに署名までしました(笑))

あれから約10年、徐々にカイロプラクティックの認知度が上がってきました。

そして、今回の調査協力。
文面のなかに、「この調査においてカイロプラクティック治療が、僅かでも医療の適正化に寄与することが出来ればと思います」という文章が書いてありました。
10年前に比べて、すごい進歩ですよね。医療のトップクラスの大学から「カイロプラクティック」の評価をしてくれるわけですから。

これは、協力せずにいられないでしょ!(笑)

どのくらいの施設に送られているか分かりませんが、整形外科治療とカイロプラクティック治療のそれぞれの特徴を合わせて、医療が進歩していくことを期待しています。

 

PS,ここ厚木市内でも整形外科の先生が、民間療法を認めてくれるようになってきました。
昔は「そんなところに行っても良くならないよ」という先生が多かった(笑) 当院のクライアントさんでも「そこの先生あれば、いい先生だと思うから指示に従ってね。ちなみに、このリハビリが有効だと思うけど、その先生に相談してくれる?」と整形の先生が、面識のない僕のような民間療法を指示してくれるようになってきました。本当に素晴らしいことです。一歩一歩前進です。

 

〜厚木腰痛肩こり整体研究所〜
神奈川県厚木市上荻野255−8
厚木整体テクニックを開発するまでの10年間
感謝の気持ちを込めた『恩返し整体』
24,000件の臨床実績は当整体の誇りです

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。