カイロプラクティックと整体の違い

カイロプラクティック

厚木市内でもたくさんのカイロプラクティック院や整体院が増えてきました。

一昔前までは、カイロプラクティック院や整体院は、古民家の一角などで院長がひっそりとやっているような状況でした。

しかし、近年の健康ブームやインターネットの普及、各種治療法が認知されてきたこともあって、カイロプラクティックや整体の価値も高まってきたように感じます。

そして、カイロプラクティック院や整体院は、その煽りを受け、駅前のビルの1階など、とても目立つ場所で開かれています。

人気も店舗数も年々増えるばかります。

そんな中、施術家によって技術の格差があることもどうしても否めません。未熟な施術家が、過剰な危害を加えてしまい、裁判沙汰になるケースも稀にあったります。

今回は、そんなカイロプラクティックや整体について簡単に紹介したいと思います。

そして、ご自身がカイロプラクティックや整体の被害者にならないよう、正しいカイロプラクティック院、整体院の選び方などもお伝えしていきます。

カイロプラクティックと整体の違い

カイロプラクティックとは、米国のD.D.パーマーによって1895年に創始された手技療法です。「カイロ」は『手』、「プラクティック」は『技術(療法)』を意味しています。
主に、脊柱の歪みを整え、『神経機能』を正常化させ、自然治癒力を高めていくことが目的。手技によって、人間が本来持つ自然治癒力を高めていく自然療法のひとつです。

整体は、骨格筋の歪みを手技で整え、体の不具合を改善するというのが特徴。野口晴哉氏の整体操法(野口整体)が、戦後に有名になったことで、用語が広まった考えられています。また、整体の所以は諸説あり、アメリカ発祥のオステオパシー、スポンディロセラピーなど日本古来の手技療法を組み合わせてものがはじまりとも言われています。

簡単にまとめると、カイロプラクティックは、脊柱へのアプローチがメインとなり、整体は、骨格筋へのアプローチがメインになるということです。
また、それぞれの療法をベースとして、頭蓋、仙骨、股関節、各関節、筋膜、神経、内臓、ホルモン、血液、リンパ液へのアプローチなど、独自の治療法が多数存在しています。

総合して考えると、どちらも徒手によって痛みを緩和させていく方法は同じで、根本の考え方が違うということです。

カイロプラクティックの禁忌要項

厚生省の通知では、下記のような疾患は禁忌されています。

  1. 禁忌対象疾患の認識

    カイロプラクティック療法の対象とすることが適当でない疾患としては、一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側弯症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないWikipedia より

と、記述されています。

いわゆる、診断名がついている疾患は、カイロプラクティックは適当ではないと報告しています。

ご自身の痛みが、診断名がついている疾患であれば、カイロプラクティックは避けた方が良いでしょう。もちろん、カイロプラクティックに限らず、整体も同じです。危険を伴うリスクを承知で、自己責任で受けるようにしましょう。

カイロプラクティックの危険性

カイロプラクティックは、近年、多くの事故症例が報告されています。

特に多いのが、頚椎(首)への事故です。

首のスラストといって、『ボキッ』とする矯正ですね。最近では、アメリカのカイロプラクターによる事故があったばかりです。熟練したカイロプラクターでも、このような事故を起こすことを頭の片隅においておきましょう。

ボキッとする矯正は、カイロプラクティック院や整体院だけではなく、接骨院や整骨院でも行われていることもあります。
もし今かかっている先生が、矯正として『ボキッ』とするのであれば、『首への矯正だけは止めてください』としっかり伝えましょう。

厚生省の通知の中にも、禁止行為として認めています。

一部の危険な手技の禁止
カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頸椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。                             Wikipedia

まとめ

カイロプラクティックと整体は、一見すると、どちらも同じようなものと捉えますが、根本の考えがまったく違います。受け手側からすると、「どっちも同じような感じ」と実感するでしょう。
手技療法は、奥が深く、歴史も長く、治療の一環として広く認知されています。

詰まるところ、受ける側からすると、痛みが改善するのであれば、どちらでも良い。ということになりますよね。極論ですが、『治れば何でも良い』のです。

では、カイロプラクティックと整体は、どのように使い分けていけば良いのでしょうか?

一番は、同じ痛みで悩んでいる方が、その手技で改善しているかどうかです。

現在は、インターネットが普及しているので、カイロプラクティック院や整体院のページが見られるようになっています。

そこの『患者さんの声』をよく読んでみましょう。直筆で、名前&写真付きの声には信憑性があるので、積極的に参考にしてみましょう。
他にも、正しいカイロプラクティック院&整体院の選び方も参考にしてみてください。

カイロプラクティックと整体は、今後も需要が高まることは間違いありません。

そして、もっともっと身近になっていくことでしょう。

上記の禁忌事項を注意して、ご自身の痛みに合った適切な治療が受けられることを願っています。

 

当整体の直筆の声はこちら→直筆の嬉しい声

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。