アメリカの整形外科医が当整体を認めた!?

整形外科医

医学関連の研究が非常に有名であり、ハーバード大学、ペンシルベニア大学と並んでアメリカを代表する医大学『ジョンズ・ホプキンス大学』を卒業しているクライアントさん(以下「Nakaさん」)が当整体院に来られています。

アメリカの医師免許を取得しているNakaさんは、日産自動車で働いている方の紹介で来院されました。

Nakaさんは、日本でサラリーマンとして働いているのですが、昨年末、事故を起こしてしまい肩を骨折してしまったのです。

近くの整形外科に通い、3ヶ月リハビリ生活を送っていたのですが、思うような回復が見られず、当整体にも通いながら現在治療を進めているところです。

そして先週、母校であるジョンズ・ホプキンス大学に卒業生専用のサポートに相談したそうです。

この大学は、医大の中でもかなりサポートが手厚く、大学卒業生全員に無料で『医療相談』を受け付けているとのこと。

オンライン上(動画)で肩の動きや状況を説明して、それに対しての適切な処置の仕方、または治療方針、考え得る可能性など細かくチェックして、その専門の医師(この方の場合は整形外科医)が対応してくれたそうです。(このサポート手厚すぎる。私たちもぜひ受けたいですよね?笑^^)

日本の病院で受けた治療、リハビリ内容なども加味して、当整体の施術法、やり方(考え方)まで相談したそうです。

その返答の中で、「その整体であれば大丈夫ですよ。引き続き受けてください。」という返答をもらったそうです。

日本の医療よりも何年も進んでいると言われているアメリカの、さらにトップレベルの医大の整形外科医から、あっさりと整体OKサインが出たのです。

まだまだ日本では受け入れられない整体の分野ですが、このように世界では『整体』を認めてくれるところもあるのです。

 

何が言いたいかというと、整体という分野は敷居が高い感じがする、胡散臭い、医療として認めないなど、マイナスなイメージが多々あります。

しかし、適切な評価としても一定数あるわけです。(全てが保証されるわけではありません)

もしかしたら、当整体の施術法ややり方(考え方)が少しでも違っていたら、上記のアメリカの整形外科医も違った返答をしていたかもしれません。

この記事を読んでいるあなたに理解していただきたいことは、『痛み』に対して、整体は適切な方法であれば、効果が期待できるということです。

 

当整体の施術法ややり方(考え方)などに関しては、ホームページ内で細かく説明していますので、よくご熟読いただければ幸いです。

 

また、Nakaさんがおっしゃっていたのが、

私たちのように痛みで悩んでいる人にとっては、先生の話は神レベルです。

だそうです。^^(ありがとうございます)

 

嬉しいお言葉ですが、これに慢心せず、より良いものをこれからも追求していきます。

 

アメリカのトップレベルの整形外科医からOKサインをもらった『整体』という記事でした。

 

あなたがもし慢性の痛みで悩んでいるのであれば、ぜひ当整体院に足をお運びください。

 

→ お問い合わせページへ ←

 

厚木腰痛肩こり整体研究所
神奈川県厚木市上荻野255-8

The following two tabs change content below.
橋元邦幸
厚木腰痛肩こり整体研究所代表。競技者・アスリート・スポーツ実践者などの根本的な身体の調整とトレーニングを指導して18年。24,000件を超える臨床データから、独自の整体技術(ASテクニック)を開発。慢性の腰痛や肩こりに対し、最新、最善の本当に効果のある施術を行える数少ない施術者。