股関節骨折後の股関節痛と膝の痛み

スクリーンショット 2016-02-07 19.24.22
骨折後のリハビリを終えてからの施術ですが、サッカーをしているSくんの例を紹介します。

股関節の痛みと膝の痛みで来院しました。特に、ボールを蹴る足の方(手術をした側)に痛みを感じるとのことです。
実際に痛みを感じる動作をやってもらうと、ボールに当たるインパクトの瞬間から蹴り上げる時に、蹴る側の股関節に痛みを感じるとのことです。

整体施術において、この時にまず考えなければいけないことは、軸足の状態です。当然、利き足である股関節を手術していますから、そこが痛いのは分かることです。

しかし、ボールを蹴る動作の時に痛みが強く出るということですから、軸足で身体をしっかり支えきれていない、だから、無理に蹴る側に負担が掛かっているのでは?という仮説が立つのです。

実際、うつ伏せになって片足上げ検査をすると、軸足側の動きが顕著に悪くなっていました。これは、軸足の不安定さを表しています。

この動きは左腰の調整をするとすぐに改善しました

手術をした足(蹴る足)をかばうために、反対側の腰で上体を支えているということですね。このSくんの場合は、上記の歪みの疲労が極まった状態で出ている股関節の痛み‥、いわゆる動的な歪みの問題だったということです。

施術後にもう一度、痛みのあった動作を再確認。

施術前の痛み 10 → 施術後の痛み 0

痛みが無くなったのです

この痛みゼロですが、一時的な問題にせよ、動的な歪みを調整することで、痛みが限りなく軽減することは実感していだたけました。  

細かな微調整は必要かもしれませんが、このままきっと、早期に回復していくことでしょう。

 

股関節の骨折をされた方で、腰や股関節、膝に痛みがある方は、まずは反対側の腰や股関節あたりの問題を考えてみていかがでしょうか?劇的に改善するケースも多々ありますよ。

 

 ”痛みに立ち向かう整体療法の専門家集団”

整体講習会整体勉強会の写真

院長 橋元邦幸が開催している勉強会には、多くのプロの整体師が参加をしています。解剖学、生理学、運動学、姿勢分析学、東洋医学、スポーツバイオメカニクスなど分野は多岐にわたり、整体療法を日夜研究している。この厚木市で本物の整体療法を本物の整体師たちと研究研鑽しています。

厚木腰痛肩こり整体研究所は、この専門家集団の輪を全国に広めることを目指しています。

クレド:痛みや不調で苦しんでいる人を、ひとりでも救える方法があるならば、小さなことでも、私たちはそれを全力で学び続けます。

  →無料相談はこちら、今すぐお問い合わせページへ

提供  厚木腰痛肩こり整体研究所