股関節の動きが悪い、鈍い、長年の股関節の悩み!

歩くという動作において、股関節はとても重要な働きをしています。

骨盤と大腿骨からなる関節ですが、そのほとんどの筋肉群は腰と骨盤、膝周辺に付いています。このことから、一般的な股関節のケアとして、腰周りや膝周辺に対する施術(ストレッチなど)がよく行われています。臨床上、このあたりのケアをすると、6割の方が楽になりますので、当施術でも、この周辺の施術は必ず行っています。

しかし、それでも改善しない股関節の問題があります。

とても特殊なケースですが、「肋骨」との連動性によるものです。

肋骨と股関節が関係している!?

驚きの話かもしれませんが、ごく希にあるんですね。

そのつながりは、「筋膜」というもので連動しています。これは、最近の解剖学実習で分かっていることです。(興味のある方は、直接私まで!)解剖学は、日進月歩していますので、今でもどんどん新しいことが発見されています。昔に覚えた解剖学が、今では古い情報としてなっていることは少なくありません。もしかしたら、メディアに出ているあの情報も!?

 

な~んて、話を戻して…((笑))

長年の股関節の動きが、肋骨の調整によって改善したよい例をこれからご紹介します。動画で撮影しましたので、ご覧になってください。

登場していただいている方は、ゴルフ大好きのOさんです。

↓↓↓

いかがでしたでしょうか?

ちょっとカメラを意識しているので、ギクシャク感はありますが、肋骨調整後の動作確認の場面。

腰や膝周辺の施術をしても、いまいち改善が見られなかったので、肋骨を下からえぐるように施術をしてみました。とても強い硬結があったので、痛みの程度を確認しながらゆっくり優しく施術を行いました。

「あれっ、動くよ!」

という反応ですよね!これは、とても良い反応です。動きの悪い箇所の施術ではなく、関係のないような箇所の施術で、すっかり動きが良くなってしまう。慢性の痛みの改善で、この瞬間が一番の醍醐味ですよね。\(^o^)/

股関節周辺のケアでなかなか改善しない場合は、ぜひ当整体研究所にお越し下さい。あなたの股関節の痛みも、肋骨が影響しているかもしれません。 

 

→問い合わせはこちらから

 

~慢性の痛みは家族で解決していこう!拡散 プロジェクト~

家庭整体師育成講座を開講しています。プロレベルの施術を覚えて、家族の皆の慢性痛をあなたが解決してあげてください。第一回目は無料にて受けられます。詳しくは→こちら