朝起きた時の腰の痛み(寝起きの腰痛)

朝目が覚めると腰が痛い…、起き上がるのに時間がかかる…、イテテてて…

という腰の痛み。

皆さん、程度の差はあれ、一度は経験をしたことがあるのではないでしょうか?

私も経験者ですが、朝から痛みで目が覚めるのはとても辛いです…。1日のスタートが憂うつになってしまうし、夜寝るのが怖くなる。これがとんでもなく強い痛みとなるともっと辛い…

病院に行って診察を受けると「異常がないですね。痛み止めと湿布を出しますね」と言われることが多いし、本当にこれで良くなるのかな〜と疑問になることがある。

先日、このパターンの腰痛で施術を受けに来られた方がいました。

「朝が本当に辛いです…」

この方は、日中の腰の痛みはほとんどなく、朝の腰の激痛だけが辛いとのこと。珍しいと言えばそうですが、この朝の痛みの原因はどこに隠されているのでしょか?

 

ポイントは、大きく3つ考えられます。

①お腹の硬さの問題

②骨盤の歪み問題

③寝方(寝具)の問題

特に、①のお腹の硬さの問題は大注目ですね、かなり確率で、お腹の硬さが関与します。お腹がからむ痛みは、回復するまでに時間がかかることが比較的に多いので、焦らずにしっかりケアしていきましょう。

②骨盤の歪みの問題。腰痛に限らず、この骨盤というのはとても大切なエリアになります。骨盤の歪みを整えるだけで、痛みが軽減することは臨床上よくあることです。

③寝方(寝具)の問題。寝方には仰向け、うつ伏せ、横向き(左右)とあります。基本的に仰向けが理想とされていますが、痛みが強い場合、仰向けが辛いときがあります。そのような場合は、両膝を曲げてみる、横向きになる、などで寝ると楽になることが多いです。寝具の問題もあります。寝具はたくさんの種類があります。基本的にスポーツ選手などが使用しているちょっと高額な寝具はおすすめです。私も使っていますが、やはり寝具の差は歴然です。しかし、①、②がしっかりクリアできれば、この③の問題もクリアするケースが多いので、トータルして考えていた方が良いでしょう。

 

では次に、自分で出来る②の骨盤の歪みを解消する方法を紹介します。(行う場合は、充分に気をつけておこなってくださいね)

スクリーンショット 2015-05-11 14.54.16スクリーンショット 2015-05-11 15.13.29

↑↑↑

大腿骨と腰骨の間、ちょうど写真の位置です。そこにボール(野球の軟式ボール)を当て横向きになります。

↓↓↓

スクリーンショット 2015-05-11 14.52.57

↑↑↑横向きになり、自分の体重で刺激します。刺激が強過ぎないように注意しましょう。心地よい〜、効いてるな〜という感じのポイントを見つけて行います。一箇所にかける時間は約1分、3箇所ほどズラしながら、気持ち良くケアしていきましょう。

寝る前に行うと、朝起きる感じが少し変わるはずです。(行う場合は、もちろん自己責任でおこなってくださいね)

 

以上

朝起きたときの腰の痛み。なかなか改善しない場合は、厚木腰痛整体研究所に一度ご相談ください。

 ”痛みに立ち向かう整体療法の専門家集団”

整体講習会整体勉強会の写真

院長 橋元邦幸が開催している勉強会には、多くのプロの整体師が参加をしています。解剖学、生理学、運動学、姿勢分析学、東洋医学、スポーツバイオメカニクスなど分野は多岐にわたり、整体療法を日夜研究している。この厚木市で本物の整体療法を本物の整体師たちと研究研鑽しています。

厚木腰痛肩こり整体研究所は、この専門家集団の輪を全国に広めることを目指しています。

クレド:痛みや不調で苦しんでいる人を、ひとりでも救える方法があるならば、小さなことでも、私たちはそれを全力で学び続けます。

  →無料相談はこちら、今すぐお問い合わせページへ

提供 厚木腰痛肩こり整体研究所